スポーツ

侍ジャパン森下くんがかわいいと話題に。高校時代からすごかった!?

侍ジャパン森下暢仁

東京オリンピックの決勝で先発を投げた森下暢仁(もりしたまさと)さんが活躍し「かわいい」と話題になっています。

あのキュートな顔立ちで、コントロールがよく、キュンキュンしている人も多いのでは?

私もその1人です♡

森下くんの経歴を調べてみたいと思います。

所属球団はどこ?

広島東洋カープに所属している投手です。

右投右打、2019年ドラフト1位で入団している森下暢仁さんは、2年目のようです。

2020年には、セ・リーグ新人王に選ばれていましたね。

入団当初の契約金は1億円プラス出来高5,000万円、年俸1,600万円(推定)で契約合意しています。

お笑いペコパのしゅうぺいと似ていると話題で、しゅうぺいポーズを披露するところもかわいいですよね。

森下がしゅんぺいに似ている

野球を始めたのはいつ?

大分市立明治北小学校3年生の時から明治少年野球クラブで軟式野球を始めたようです。

中学時代は、大分市立大東中学校軟式野球部に所属し、3年生で全国大会に出場したようです。

高校時代は?

大分商業高校に進学し、甲子園には高校1年生の時にベンチ入り選手しましたが、出場はしていないようです。

3年生の夏の甲子園大分予選では、決勝まで進んだものの敗退し念願の甲子園出場にはならなかった。

その後、2015年U18日本代表に選出され銀メダルを獲得しましたが、プロ志望届は出さず明治大学に進学したそうです。

高卒でプロに行かなかったのは、甲子園で活躍している同年代の選手との力の差を感じたからだとのことです。

坊主頭でも、かわいいですね!!

大学時代は?

1年生から東京六大学春季リーグ戦のベンチ入りを果たしていたようで、3年生ではエースとして活躍し、球速もストレート154kmなで伸びていたようです。

4年生では、チームのキャプテンになり、2019年第68回全日本大学野球選手権大会では、チームを優勝に貢献し、ベストナインMVPを獲得するほど活躍していたそうです。

大学野球日本代表でも活躍していたようです。

2017年ユニバーシアードで金メダル獲得

2018年ハーレムベースボールウィークでは優勝

日本代表でも度々活躍している森下くん、今後の活躍も楽しみですね。

error: Content is protected !!