ドラマ

【鎌倉殿の13人】小池栄子が演じる北条政子の悪女エピソードとは?

鎌倉殿の13人,小池栄子,北条政子,承久の乱

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」小池栄子が演じる北条政子とはどんな人か?本当に悪女なのか?悪女と言われるエピソードを調べてみたいと思います。

源氏の流人・源頼朝と結婚した北条政子によって、弱小豪族だった北条家は、政治の表舞台へ出ていきますよね。

源頼朝の妻としては、鬼嫁とも言われている北条政子ですが、尼将軍としても名を残した北条政子のエピソードを知り、小池栄子さんが演じる北条政子を楽しんでドラマを楽しみたいと思います。

北条政子が悪女だと言われた代表的な事件だったんですね。

頼朝の浮気に激怒し家を破壊

源頼朝と結婚した北条政子ですが、2人目の子を妊娠中に頼朝が亀の前という女性を寵愛するようになっていたそうです。

それを知った北条政子が激怒し、亀の前の住んでいた家を打ち壊し、亀の前を追い出したそうです。

いわゆる浮気ですね。
北条政子に浮気がバレた後でも、頼朝は懲りずに、亀の前に会いに行っていたそうです。

当時は、一夫多妻制で、父・北条時政も複数の妻妾を抱えていて多くの子供を設け、一族の精力の維持・拡大をしていましたし、頼朝が複数の女性を寵愛するのは普通のことだったのですが、一途な政子は許せなかったんですね。

時代背景の中、北条政子は、一途な源頼朝への愛情深さと嫉妬深さを印象づけ、一族の繁栄を阻止したとして常識外れの行動だったとされていたようです。

頼朝は、生涯多くの女性と通じたのですが、政子を恐れて、隠れるように通っていたそうですよ。

created by Rinker
¥1,210
(2022/01/17 13:45:27時点 楽天市場調べ-詳細)

静御前に共感する女心

源平合戦で活躍した頼朝の異母兄弟・義経がを愛した女性、静御前。

静御前は、京の都で一番美しい踊り手と言われていました。

頼朝と対立して追われている義経を慕いながら、静御前は、鎌倉で頼朝に捕らえられ、頼朝に命じられ、鶴岡八幡宮で舞を踊らされます。

義経を恋慕う内容を唄い、頼朝が激怒してしてしまうエピソードは有名ですね。

【義経を恋い慕う内容の唄】

「しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな」

「吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき」

(和訳)
「静、静、と繰り返し私の名を呼んでくれたあの方(義経)、彼とのキラキラしたあの頃にもう一度、戻りたいものだわ…」

「吉野山の白雪を踏み分けて、山の奥深く(奥州)に行ってしまったあの方(義経)が恋しい…」

静御前は、打首か?と周りがヒヤヒヤしたのですが、流人だった頼朝に恋した自分を思い出した北条政子の助けがあり、助命されます。

その後、義経の子を身ごもっていて、お腹の子が男の子だったら殺すと言われていましたが、生まれた赤子は残念ながら男の子。

生まれた子供を、必死に抱きしめて守る静御前から引き剥がされ、鎌倉の由比ヶ浜に生き埋めにされたとされています。

この時、北条政子も頼朝に恩赦の懇願をしたそうですが、聞き入れられなかったそうで、静御前は、鎌倉から京都へ帰され、憐れんだ政子と娘の大姫が重宝を持たせたとか。

 

この時代で一番美しいとされていた静御前は、「鎌倉殿の13人」で誰がキャストされるかも注目されていて、楽しみですね。

息子・頼家と比企一族を滅ぼす

源頼朝が急死し、後継となったのが、北条政子の息子・源頼家。

鎌倉幕府二代征夷大将軍となった頼家だが独断が目立ち、すぐに鎌倉殿の13人と言われる十三人合議制機関が作られ、実権を取り上げらてしまいます。

実権を取り上げられた頼家は、公家の遊び蹴鞠など遊ぶようになるが、公家の遊びとする蹴鞠を武士がするものではないと母・北条政子と対立するようになったようですね。

頼家は、比企能員の娘との間に、子供の一幡(いちまん)が誕生していて、頼家の近く権勢を誇っていたのは、、母・北条政子や祖父・北条時政の北条家ではなく、比企家となっていたようです。

その後、源頼家が病気で一時危篤となり、北条政子と北条時政は、頼家の子の一幡と北条政子の実子で頼家の弟・源実朝の二人で、日本を分割して統治するよう画策しています。

その後、危篤状態を脱した頼家が、北条時政と北条政子の陰謀を知り激怒し、比企能員に北条氏討伐を命じます。

北条家討伐の話を盗み聞きした北条政子が、父・北条時政に伝え、北条時政は、比企一族を滅ぼしてしまう。

頼家の息子・一幡は、逃げ延びたとの諸説もありますが、その後、捕らえられて、北条義時の手勢に刺し殺されたとされています。

頼家が健康を回復し、比企一族滅亡を知り激怒するが、すでに時政討伐を命じても従う者はなく、北条政子の命により伊豆の修善寺に出家させられますが、最後は、北条氏により殺害されています。

鎌倉幕府第二政権・源頼家については、諸説ありますが、比企氏の滅亡や頼家・頼家の息子の一幡の死まで、北条政子が深く関与していたということは事実のようですね。

家臣の心を動かした「承久の乱」の名演説

平家を倒し、鎌倉幕府を開いた源頼朝。

頼朝は急死し、その後継者・頼家・実朝も殺され、源氏将軍は、三代で途絶えてしまいまいますが、北条政子は将軍の代行として尼将軍と呼ばれるようになります。

その後、実質的な権限を引き継いだのが、北条義時ですが、源氏に仕えていた人たち全ては、うまくまとめていけませんでした。

この不安定な鎌倉幕府の時に、武家政権を倒そうと後鳥羽上皇で、1221年(承久3年)に承久の乱が起きます。

上皇の北条義時追討命令に、鎌倉幕府の御家人たちが動揺しますが、その時に、北条政子が演説し、武士たちの心をひとつにし、後鳥羽上皇を討ち、武家政権を確立しました。

【北条政子の演説内容】

「頼朝殿が多くの敵を征伐し幕府を創設して以後、地位も給料も良くなったでしょう。

その恩は、まことに山よりも高く、海よりも深いものである。

武士として暮らす以前はどうでしたか?

以前は、長いこと都に仕えても、屈辱を味わってはおりませんか?

この世に変えたのは、頼朝殿です。恩を忘れてはなりません。

名声を汚すまいと思う者は、はやく京を討ちとり、三代将軍の遺跡を守らなければならない。

ただし、院に味方したいと望む者はただちに申し出よ」

鎌倉幕府を開き育て守り抜いたのは、鎌倉幕府を開いた源頼朝への一途な愛があってのことだったんでしょうね。

《NHK大河ドラマ見放題》
U-NEXT、31日以内の解約なら、完全無料(¥2,189→¥0です!!)

 U-NEXTの「NHKオンデマンドまるごと見放題パック月額990円(税込)」に登録すると、何度でも見放題。
初回登録時にもらえる1,000ポイントを使えば実質無料でお試しできます。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

まとめ

北条政子は、悪女と言われていますが、源頼朝一筋に生きた純粋な女性だったのではないでしょうか。

流人だった頼朝を思い、源氏を立て直し、鎌倉幕府を支えてきた力のある女性ですよね。

この時代に、一人の男性を愛し「嫉妬深く」「行動力がすごかった!」だから、悪女と言われ、たくさんのエピソードが残されているんだと思います。

「鎌倉殿の13人」と深く関わる北条政子の歴史を知り、ドラマも一段と楽しめそうですね。

鎌倉殿の13人キャスト相関図あらすじ
【鎌倉殿の13人】あらすじキャスト相関図まとめNHK大河ドラマ20222022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のあらすじや豪華キャスト・相関図をまとめてみたいと思います。 脚本を手掛けられたのが三...
鎌倉殿の13人って誰?覚え方
「鎌倉殿の13人」とは誰なのか?覚え方はあるのか?調べてみた「鎌倉殿の13人」って、誰なのか?また、13人の覚え方について調べてみたいと思います。 まずタイトルから「鎌倉殿の13人?」と疑問...
鎌倉殿の13人,新垣結衣,八重,千鶴丸
「鎌倉殿の13人」新垣結衣が演じる八重姫と頼朝の子・千鶴丸の悲劇について大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の頼朝の人生を動かすことになった八重姫と千鶴丸(千鶴午前)についてまとめてみたいと思います。 源頼朝(...


 

 

 

 

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!