ドラマ

2022年朝ドラ【ちむどんどん】いつから?キャストや相関図まとめ

ちむどんどん,キャスト,相関図

2022年度前期、NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」は、朝ドラ106作目。

アメリカ統治下で沖縄に生まれ育った4兄妹の家族の物語となり、黒島結奈さん主演、川口春奈さん、上白石萌歌さんと豪華キャストで、いつから始まるのか、今から楽しみです。

最近では、子役にも注目が集まっていますので、子役も含めたキャスト・相関図を調べてみたいと思います。

放送開始はいつから?

「カムカムエブリバディ」の次に始まる「ちむどんどん」は、2022年前期NHK連続小説ですが、いつから始まるか?気になりますね。

放送予定は、2022年春予定で、2021年「おかえりモネ」は、2021年5月17日開始でしたので、「ちむどんどん」も5月頃になるのではないかと思います。

具体的な放送開始日や放送回数、最終回の日程などは決まっていないので、わかり次第、追記させていただきますね。

「ちむどんどん」相関図は?

ちむどんどん,相関図,キャスト,比嘉家

「ちむどんどん」子役は?

ドラマの始まりは子役からスタートするようです。

最近は、子役もみんな演技がうまくいので、注目されていますよね。

現在のところ、キャストが発表されていないので、わかり次第、更新します。

「ちむどんどん」暢子が沖縄で会うキャストは?

黒島結菜(比嘉暢子・役)

生年月日:1997年3月15日
出身地:沖縄県糸満市
事務所:ソニー・ミュージックアーティスト

朝ドラは「マッサン」「スカーレット」に出演していて3度目の出演でヒロイン役を演じます。

大河ドラマ「花燃ゆ」「いだてん」など多数出演されています。

映画「カツベン!」では、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞される、注目の実力派若手女優さんです。

目標としている女優さんは、同じ沖縄出身の満島ひかりさんで、自然体で飾らない演技が好きと絶賛されています。

比嘉暢子の役柄】

沖縄やんばる地方に生まれ育ち、4人兄妹で兄・姉・妹の3番目、比嘉家の次女。

小さい頃から、おいしいものを食べること・作ることが大好きな女の子。

小学校の時に、父・賢三(大森南朋)を亡くし、一家の料理担当になり、料理人を目指すことに。

高校卒業とともに上京し、沖縄出身が多い横浜市鶴見で暮らし、東京のレストラン厨房で働き始めます。

黒木結菜さんも、主人公と同じ沖縄出身で、好きな地元料理は「イナムルチ」という豚汁のような料理だそうです。

沖縄料理は色々ありますが、イナムルチは知らなかったです。今度、沖縄に行った時には、食べてみたいですね。

沖縄を舞台としているので、色々な発見がありそうで楽しみです。

大森南朋(比嘉賢三・役)

生年月日:1972年2月19日
出身地:東京都
事務所:アパッチ

大森南朋(おおもりりお)さんは、ドラマ・映画・舞台と多数出演されている実力派俳優ですが、意外にも朝ドラは初出演。

「ハゲタカ」や「私の家政婦ナギサさん」など代表作に出演されていて、「私の家政婦ナギサさん」で癒し系おじさんと話題となりましたが、その後、多数の出演オファーがあったものの「わたナギ」の役がひとり歩きしていると、役者へのこだわりから仕事をセーブしてたようです。

「わたナギ」以降、初の連ドラ出演とのことで楽しみですね。

実生活では、2012年に18歳年下の女優・小野ゆり子さんと結婚され、お子さんが一人います。

【比嘉賢三の役柄】

唄三線(うたさんしん)が好きな穏やかな暢子の父役で、家族を愛し、料理が得意で家族に腕をふるまうこともあるようです。

最近では、「家政婦はナギサさん」で、スーパー家政婦を演じたナギサさんは記憶に新しく、お料理の腕前が見れるのが楽しみですね。

仲間由紀恵(比嘉優子・役)

生年月日:1979年10月30日
出身地:沖縄県浦添市
事務所:プロダクション尾木

ドラマ「ごくせん」のイメージが強いですが、ドラマ・映画と多数出演されている実力派女優さんです。

朝ドラは「花子とアン」以来、2度目の出演と意外ですが、大河ドラマ「功名が辻」では主人公の妻を演じ、紅白歌合戦では司会を4回務められています。

映画「大奥」や「私は貝になりたい」で、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞される、実力派女優さんで、ご主人は俳優の田中哲司さんと、実力派俳優夫婦ですね。

 

【比嘉優子の役柄】

夫・賢三(大森南朋)とサトウキビ農家として働きながら4人の子供を育てている沖縄の母。

夫に先立たれ、女手一人で仕事をしながら子育てしていく大らかで明るい性格。

仲間由紀恵さん自身も5人の兄妹の末っ子として育ち、沖縄出身と重なることがあり、楽しみですね。

竜星涼(比嘉賢秀・役)

生年月日:1993年3月24日
出身地:東京都
事務所:研音

獣電戦隊キョウリュウジャーのレッドで主役をされています。

朝ドラは、「ひよっこ」以来、2回目の出演。

「テセウスの船」「レンアイ漫画家」など多数出演されている実力派若手俳優さんです。

デビュー以来、ずっとドラマに出演され人気があり、今後の活躍にも目が離せませんね。

 

【比嘉賢秀の役柄】

比嘉家の長男。

トラブルメーカーなとことがあるが、父を亡くし、比嘉家の大黒柱となって兄妹たちの父親役として家族思いな「にーにー」。

川口春奈(比嘉良子・役)

生年月日:1995年2月10日
出身地:長崎県
事務所:研音

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演され、朝ドラは初出演。

2021年紅白歌合戦の司会に抜擢されています。

「ニコラ」でグランプリを受賞しモデルデビュー。

多数のドラマに出演され、最近では「着飾る恋には理由があって」では主演され、YouTube「はーちゃんねる」では開設1ヶ月でチャンネル登録数70万と人気となっています。

とても注目度の高いので、今後の活躍が益々気になりますね。

【比嘉良子の役柄】

努力家の優等生で4兄妹の長女。

妹たちからは「ねーねー」と呼ばれしっかりものだが料理が苦手。

兄の賢秀とは正反対の性格で、たびたびケンカになってしまう。

子供頃からの夢だった小学校の教師となり、母校で教団にたつ。

上白石萌歌(比嘉歌子・役)

生年月日:2000年2月28日
出身地:鹿児島県
事務所:東宝芸能

NHK大河ドラマ「いだてん」に出演され、朝ドラは初出演。

姉の上白石萌音さんが「カムカムエヴリバディ」に出演されていて、姉妹で朝ドラリレーをすることになり楽しみですね。

「義母と娘のブルース」や「3年A組-今から皆さんんは人質です」など多数の話題作に出演されています。

【比嘉歌子の役柄】

幼いことから病気がちで、強烈にシャイな比嘉家の三女。

歌をこよなく愛し、父から唄三線の手ほどきをうけ、恥ずかしがり屋の歌子は、家族以外の前ではなかなか歌えない。

大人しく謙虚で、家族みんなの癒しになる存在。

山田裕貴(石川博夫・役)

生年月日:1990年9月18日
出身地:愛知県
事務所:ワタナベエンターテイメント

朝ドラは「なつぞら」以降、2回目の出演です。

海賊戦隊ゴーカイジャーのゴーカイブルーで俳優デビューし、ドラマ・映画と多数出演されています。

元プロ野球選手の山田和利さんがお父さんで、山田裕貴さんも、小中学校まで野球をされていたようです。

 

【石川博夫の役柄】

暢子の姉・良子の友人で、同じく教員をしている。

父も祖父も教員だったため、勉強熱心で生真面目な性格。

前田公輝(砂川智・役)

生年月日:1991年4月3日
出身地:神奈川県
事務所:ホリプロ

6歳から子役として活躍されています。

NHK「天才てれびくんMAX」でてれび戦士として3年間出演され、朝ドラは初出演。

ドラマや映画・舞台に多数出演されています。

【砂川智の役柄】

暢子たち4兄弟の幼なじみで、豆腐の息子。

家業を継ぎながらも、いつかもっと大きな商売がしたいと野望を抱き、暢子に思いを寄せるが気づいてもらえない不器用な男。

宮沢氷魚(青柳和彦・役)

生年月日:1994年4月24日
出身地:アメリカ・サンフランシスコ
事務所:レプロエンタテイメント

朝ドラは「エール」以降、2回目の出演です。

「メンズノンノ」の専属モデルオーディションでグランプリを獲得しモデルデビューされ、ドラマ・映画と多数出演されています。

父はシンガーソングライターの元BOOMのボーカル宮沢和史さん、母はタレントの光岡ディオンさん。お父さんに似ていますよね。

【青柳和彦の役柄】

父親の仕事の都合で、子供の頃、暢子たちの暮らす村に滞在。

繊細な子供だったため、沖縄になじめなかったが、比嘉家の友人となる。

暢子たちに再会を約束し東京へ帰るが、やがて新聞記者となり、東京で再開する。

山路和弘(前田善一・役)

生年月日:1954年6月4日
出身地:三重県
事務所:劇団青年座

大河ドラマ「軍士官兵衛」「いだてん」「麒麟がくる」に出演され、朝ドラは初出演。

舞台・ミュージカルのほか、ドラマ・映画と幅広く活躍され、声優としても数多く活躍されています。

悪役を演じることが多く、悪役はどこまで観客に嫌がられるかを追求するのが楽しみと語られています。

【前田善一の役柄】

暢子たちが暮らす村の、ただ一軒の共同売店を取り仕切っている。

地域の役員も兼ねていて、比嘉家の両親の良き友人で、比嘉家を長年見守っていく。

悪役の多い山路さんがやんばるののんびりした村のイイ人を演じるのが楽しみですね。

片桐はいり(下地響子・役)

生年月日:1963年1月18日
出身地:東京都
事務所:スターダストプロモーション

朝ドラは「あまちゃん」「とと姉ちゃん」以降、3作目。

ドラマ・映画・舞台と多数出演される、個性派女優さんです。

【下地響子の役柄】

暢子たちの高校の音楽教師。

妹・歌子(上白石萌歌)の歌の才能を見抜いて導く。

片桐はいりさんは、「北風」と「太陽」をいっしょくたにしたような先生にできないかとコメントしているので、どんな音楽の先生なのか楽しみですね。

石丸謙二郎(比嘉賢吉・役)

生年月日:1953年11月1日
出身地:大分県
事務所:青年座映画放送部

朝ドラは「澪つくし」「はね駒」以降、3作目の出演です。

ドラマ・映画と多数出演されていますが、石丸健二郎さんと言えば、「世界の車窓から」のナレーターです。
いつも、世界旅行をしている気になれる心地よい声ですよね。

【比嘉賢吉の役柄】

暢子たちと同じ村で暮らすサトウキビ農家で、比嘉家の面倒を見てくれる大叔父。

頑固な性格で、暢子たち家族の心配をしている。

石丸謙二郎さん自身、20年以上沖縄へは毎年通いつめるほど沖縄好きだそうです。

今回の舞台となるやんばる地方は、本当にのんびりとしていて、海がきれいなところですよね。

「ちむどんどん」暢子が横浜で会うキャストは?

原田美枝子(大城房子・役)

生年月日:1958年12月26日
出身地:東京都
事務所:舞プロモーション

朝ドラは「水色の時」以降、2回目の47年ぶりの出演です。

ドラマ・映画と多数出演されていて、ご主人は俳優の石橋凌さん。

お子さんのシンガーソングライターの優河さん・女優の石橋静河さんと芸能一家ですね。

【大城房子の役柄】

暢子が務める東京のイタリアンレストランのオーナーで戦前からのたたきあげの料理人。

店に独裁的に君臨し、暢子の前に立ちはだかり、実は暢子の家族とは深い因縁を秘めている。

きれいで優しいお母さんのイメージの多い原田美枝子さんですが、ボス的存在で怖そうですね。

高嶋政伸(二ツ橋光二・役)

生年月日:1966年10月27日
出身地:東京都
事務所:東宝芸能

朝ドラは「純ちゃんの応援歌」「あぐり」以降、3作目。

大河ドラマ「太平記」「秀吉」「武蔵MUSASHI」「天地人」「真田丸」とNHKドラマに多数出演されています。

ドラマ・映画と多数出演される実力派俳優さんです。

【二ツ橋光二の役柄】

暢子の務めるイタリアンレストランの料理長。

厳格なオーナー房子に仕える一方、厨房をけん引し、店のピンチ・房子の危機には勇敢に立ち上がる男。

最近は、サイコパスや悪役などが多いのですが、今回は優しい性格の料理長とのことで楽しみですね。

佐津川愛美(猪野清恵・役)

生年月日:1988年8月20日
出身地:静岡県
事務所:ホリプロ

朝ドラは「梅ちゃん先生」「スカーレット」以降3作目。

様々なドラマでシリアスな演技〜コミカルな演技までなんでもこなす個性派女優さんです。

【猪野清恵の役柄】

暢子の兄・賢秀が働く関東郊外の養豚場の娘。

ルーズな賢秀と激しい口げんかがたえない。

養豚をこよなく愛し、誰より勤勉で家業を継ぐ覚悟を固めている。

中原丈雄(猪野寛大・役)

生年月日:1951年10月19日
出身地:熊本県
事務所:オフィス佐々木

朝ドラは、「ひまわり」「こころ」「どんと晴れ」「おひさま」「花子とアン」「なつぞら」以降、7作目。

大河ドラマも「炎立つ」「徳川慶喜」「真田丸」と出演された大ベテラン俳優さんです。

 

【猪野寛大の役柄】

暢子の兄・賢秀が働く養豚場の経営者で清恵の父。

男でひとつで愛娘を育て上げ、怒ることがほとんどない寛容な男。

沖縄との意外な縁も秘めていて、暢子の人生にも深く関わっていく。

山中崇(田良島甚内・役)

生年月日:1978年3月18日
出身地:東京都
事務所:ザズウ

朝ドラ「ごちそうさん」「半分青い」「エール」以降4作目。

大河ドラマ「八重の桜」「おんな城主直虎」他、ドラマ・映画・舞台など多数される個性派俳優さんです。

 

【田良島甚内の役柄】

暢子の幼なじみ青柳和彦(宮沢氷魚)の務める新聞社の上司。

暢子が務めるレストランの常連で、強い正義感と知見を誇るジャーナリスト。

個性的な山中崇さんのジャーナリストは、どんな感じで演じられるのか楽しみです。

長野里美(平良多江・役)

生年月日:1961年8月15日
出身地:神奈川県
事務所:agreeTOKYO

朝ドラ「ファイト」以降2作目の出演

大河ドラマ「真田丸」など、ドラマや映画など多数出演されています。

小劇場の女王と言われ劇団第三舞台の元看板娘女優として舞台で活躍される舞台女優さんの印象ですね。

【平良多江の役柄】

暢子が暮らす横浜市鶴見の沖縄県人会会長の妻。

沖縄出身者・沖縄二世の多い鶴見で夫と県人会を内助の功で支え、暢子のことも面倒をみる。

井之脇海(矢作知洋・役)

生年月日:1995年11月24日
出身地:神奈川県
事務所:ユマニテ

朝ドラ「ごちそうさん」「ひよっこ」以降、3作品目の出演

大河ドラマ「平清盛」「おんな城主直虎」「いだてん」、他ドラマや映画に多数出演される注目の若手俳優さんです。

子役時代は劇団ひまわりで活動されている実力派で、最近はずっとドラマに出演されている気がします。

【矢作知洋の役柄】

暢子が務めるイタリアレストランの厨房の先輩。

料理人として野心と才能を秘めながら、暢子には意地悪に当たる。

飯豊まりえ(大野愛・役)

生年月日:1998年1月5日
出身地:千葉県
事務所:エイベックス・マネジメント

朝ドラ「まれ」以降、2作目の出演。

「ニコ☆プチ」のオーディションでグランプリを受賞され専属モデルとしてデビュー。

「ニコ☆プチ」「nicola」「Seventeen」の専属モデルを経て、現在は「Oggi」の専属モデル。

女優としても、ドラマ・映画に活躍されています。

【大野愛の役柄】

暢子の幼なじみ青柳和彦(宮沢氷魚)の同僚で恋人。

女性新聞記者で和彦を通して暢子とも知り合い、大切な友人となっていく。

志ぃさー(藤木勇人)(金城順次・役)

生年月日:1961年1月9日
出身地:沖縄県沖縄市

朝ドラ「ちゅらさん」以降2作目の出演

沖縄が舞台となると志ぃさーさんはなくてはならない存在ですね。

りんけんバンドの元メンバーで、落語家の立川志の輔に師事し、沖縄を拠点に日本全国で活動するマルチタレントです。

【金城順次の役柄】

暢子の下宿の大家であり、沖縄出身者が集まる鶴見の沖縄居酒屋の主人。

地をいっているような役柄となりそうですね。

片岡鶴太郎(平良三郎・役)

生年月日:1954年12月21日
出身地:東京都
事務所:太田プロダクション

朝ドラ「チョッちゃん」「春よ、来い」「梅ちゃん先生」「とと姉ちゃん」以降5作品目の出演。

大河ドラマにも多数出演し、ドラマ・映画と活躍されています。

最近は、書道家・ヨガ実践家として活動されていたので、久しぶりの俳優出演は楽しみですね。

【平良三郎の役柄】

鶴見の沖縄県人会会長。

沖縄から働きに来た親の元で生まれた沖縄二世。

鶴見で沖縄出身者・二世たちの強い支持を受け、暢子のことも見守り導くボス的存在。

語り・ジョンカビラ

生年月日:1958年11月1日
出身地:沖縄県那覇市
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

フリーキャスターやラジオパーソナリティ、ナレーターなどで活躍されています。

物語と同じ沖縄出身者で、テンポの良いナレーションで元気が出る朝を迎えられそうですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

豪華キャストで、「ちゅらさん」「純と愛」につづき沖縄が舞台となる朝ドラ「ちむどんどん」も楽しみですね。

追記キャストがあれば、また追記していきます。

error: Content is protected !!