ドラマ

【ちむどんどん】ロケ地や撮影場所はどこ?沖縄のやんばるや横浜鶴見を調べてみた

ちむちむどんどん,ロケ地,朝ドラ,沖縄,横浜

2022年NHK連続ドラマ「ちむどんどん」の朝ドラは、2022年に本土復帰50年を迎える沖縄をメインに、ヒロイン・比嘉暢子を中心とした沖縄と横浜を舞台にした物語です。

ロケ地や撮影場所、目撃情報やエキストラ情報など調べてみたいと思います。

 

「ちむどんどん」の沖縄のロケ地はどこ?

ちむどんどんのロケ地は、沖縄本島北部のやんばる地方のようです。

やんばるは、「山原」と書いて文字通り山や原っぱなど自然が多く残されているエリアのことを言うようです。

撮影は沖縄本島の中部〜北部のようで、

名護市今帰仁村(なきじんそん)・国頭村(くにがみそん

がロケ地として撮影予定です。

国頭村・瀬底ビーチ

本島北部の本部町(もとぶちょう)にあり、海が透き通っていて、白浜でとても綺麗なビーチです。

沖縄本島でも北部まで行くと、透明度が高くてすごくきれいですよね。

瀬底ビーチの場所
【住所】沖縄県国頭郡本部町瀬底5583-1
【電話番号】0980-47-2368
【アクセス】那覇空港より車で90分

沖縄北部は、軽石がたくさん漂着していて、撮影にも影響があり大変そうです。

美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ

1960年代、ドルや右側通行などアメリカを再現するシーンの撮影に使われるのではないでしょうか。

アメリカンビレッジの場所
【住所】沖縄県中頭郡北谷町美浜
【営業時間】10:00~22:00
【アクセス】那覇空港より車で35分

 

アメリカ占領下の時代背景も撮影されるのかもしれないですね。

とてもレトロなバスが撮影に使われるのかもしれません。

 

「ちむどんどん」の横浜のロケ地はどこ?

横浜市鶴見区・仲通商店街

沖縄南米タウンと呼ばれる横浜市鶴見にある仲通商店街には、沖縄や南米のお店やレストランが多くあります。

仲通商店街ある、おきなわ物流センターは、沖縄のものがたくさん取り扱われていて沖縄タウンと言われているようです。

(株)おきなわ物産センターの場所
【住所】神奈川県横浜市鶴見区仲通3丁目74-14
【電話番号】045-504-7816
【営業時間】10:00~19:00
【アクセス】JR鶴見線・弁天橋駅より徒歩7分

鶴見は、大正末期〜昭和初期にかけて多くの沖縄出身者が仕事を求めて移り住んだそうです。

「ちむどんどん」の中でも、鶴見の沖縄県人会が出てくることから、鶴見の仲通り商店街がロケ地として使われるのではないでしょうか。

 

「ちむどんどん」の料理監修はオカズデザイン

ヒロイン・暢子は、食べることが大好きな女の子。

やがて、料理人を目指すことから、料理のシーンがたくさんありそうですね。

そんな料理の監修・制作をするのが、オカズデザインのようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

オカズデザイン(@okazdesign)がシェアした投稿

どんな沖縄料理が出てくるのか楽しみですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

撮影は、10月にクランクインしているようです。

 

まだ目撃情報などが少ないため、ロケ地がわかり次第、更新します。

error: Content is protected !!